沈黙する群衆になってはならない~読書感想【天空の蜂】

私は本をたくさん読む方だと思います。

OL時代は会社通勤のときの地下鉄が主な読書時間で。
今もいろんなことをしながら(ながらは得意!)読んでます。

本屋さんや古本屋さんに行って目についた本とか、事前にチェックしておいた本を見つけたら5~6冊まとめて買ってきて1冊づつ楽しみに読みます。

これもそんなふうに何気なく手にとった1冊でした。
比較的重たくないので娯楽作品として愛読している東野圭吾さんの著作。
読んだことのなかった1冊でしかもボリュームもあったので、という理由で
あまり内容も確認して買ったんですが…。(しかも買ったのは3.11前)

かなり、驚くほどにタイムリーな内容でした。

110510_093401

天空の蜂

少しだけ内容に触れます。

犯人は自衛隊の開発した超大型ヘリを盗んで原子力発電所に落下させるぞと国を脅します。
敦賀発電所、○ミリシーベルトなどと、今では聞きなれてしまった用語も数々出てきます。

国は原子力政策を続けるために発電所の安全性をごまかす。
「避難した方がいいなどと言ったら、今まで絶対に何があっても安全だと言っていたのに国民につつかれる…」
「発電所の上空を飛行してはいけないことになっているので天井の強度は飛行機墜落を想定していない…」
「電力会社は車を運転できるけど車の走る仕組みまでは知らない、ようなもの…」

もちろんこの作品はフィクションです。
でも
現実に流れているニュース、週刊誌、WEBでの情報といったいどこが違うでしょう?

そして、犯人はただ反原発で政策に対して訴えているのではありません。

同時に…。

原発があってもなくてもどちらでもよい
電気は無限に使ってもかまわない

そして…

いざ

その時に原子力発電所で
「何か」
が起きた時は不安や不満を訴えるけれど
あっという間にその重大さや深刻さを忘れ

どちらでもよい

に戻ってしまう。

国の中で大半を占める群衆。

作品の中で彼は言います。
「沈黙する群衆に原子炉のことを忘れさせてはならない。」
「子供は刺されて初めて蜂の恐ろしさを知る。」
と。

浜岡原発は全炉停止になりました。
国内のほかの原子炉はどうすべきか。
日本のエネルギー政策を今後どうすべきか。

群衆のひとりひとりも真剣に考えなくてはならない時がきたのかもしれません。

東電や政府のしていること、言っていることをきちんと受け止め
判断するのは私たちひとりひとりの責務です。

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

また・・・

やってしまいました(;ω;)
一度目はこんな

今回は朝起きたらそれはやってきていました。すでに。
でも何とか今回は温泉、ストレッチ、安静、整体、だっこは極力誰かにお願い
の5本柱でなんとか切り抜けました。
1週間かからなかったっす。

みなさんも、
特に妊婦の方と子育て中の方は気をつけましょう。

ぎっくり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう。

ありがとう。
私の大切な大切な子。
出会ったのは私が16歳の時でした。
まっ白でコロコロで、その頃から真っ黒でくりくりした目がかわいかった。
人間みたいに人の気持ちも言葉も理解してたそういちろう。泣いてる時はいつもくっついててくれた。
甘えん坊でいつも一緒に寝てた。
食いしんぼだったからおすわりお手おかわりちょうだいがあっという間にできるようになった。
毎日毎日お散歩した。
ボールや棒っこでとってこいが好きだった。
穴掘りが大好きだった。庭も砂浜でも雪でもよく掘ってた。
どこに行くのも一緒だった。
初めてのひとり暮らしもそういちろうがいたから寂しくなかった。
厚別に引っ越した時も澄川に引っ越した時も名寄に引っ越した時も一緒だった。
会社にもよく一緒に行った。
1週間の帯広出張も一緒に行った。
山にも海にも河川敷にもキャンプにも花火にもお祭りにも一緒に行った。

大好き。

お別れなんて言えない。

でも
耳もよく聞こえなくなって、目も見えなくなって
ついに歩けなくなってたからきっとつらかったね。
今は空の上で
走れるようになったかな。
でも寂しくないかな?
そういちろうが寂しいおもいをしないように
楽しかった思い出たくさん思い浮かべてるからね。
ありがとう。
長い間一緒に生きてくれてありがとう。そばにいてくれてありがとう。
ずっと

ずっと忘れないよ。

そういちろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トイレの神様ねぇ

この「トイレの神様」ってタイトル
聞いたことはあったんですけど曲を聴いたのは実はごく最近です。

なんか「エンタの神様」に似てるし(失礼!)全然違うものをイメージしてたんですけど
だから聴いてびっくりしてしまいました。

もう泣けるツボとか感情移入とかそんな次元じゃなく・・・

「これ私のことじゃん。」


今日でこの子もちょうど3ヶ月。
ばーちゃん見てるかなぁ?じーちゃんも。
この子が将来大きくなった時に
「シアワセだったなぁ」って思い出すような子ども時代を送らせてあげたい。
ものすごく愛されたなぁって思ってくれるように。

Ts3q0073





にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プレゼント

すこし早いんですけどオットに
「クリスマスプレゼント何がいい?」って聞かれました。
「・・・・・・・。」
ないかも。
自分で働いてお給料もらってた頃はほしいものいっぱいあって自分で買うのが何よりも嬉しかったんですけどね。
結婚して養われる身になってからは買えなくなっちゃったんです。
人の(オットだけど)お金だと思うと申しわけなくて…
それにほとんど毎日旅館の中にいるだけだからコートもブーツもバッグもいらないわけですよ。
そんなには…
私、もう枯れてるのかもと思ってたんですがありました!!

Ts3q0210

じゃ~ん

ありました!
欲しかったもの!
子どもの頃は毎年飾りつけが楽しみだったんですよね~。
ひとり暮らしはじめてからはもちろん置けなかったので。
言ったら210cmもある大きなクリスマスツリーを選んでくれました
やった~

外から見るとこんな感じ

Ts3q0211

でもこれってもしかして単に旅館の備品…?
でもま、クリスマス気分を早めに味わいたい方は川島旅館へどうぞ(o^-^o)

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至福

女将の夜のおつとめ。

それはもちろん

お湯加減点検

でございます

お客さまと同じように湯船につかり、温度や濃さを確認しているのでございます。

という口実のもと、時には昼間や朝にもお湯加減を確認している私。
贅沢ですよね~。すいません。
思わずあやまっちゃいます。

今週末はいよいよアトピーフォーラムin豊富2010が開催されますが、今年参加する方

ラッキーかも

今日もお湯、かなり濃いめです
お風呂に入った瞬間、そのお湯のにおいで「あ~今日は濃いな」とかわかるんですけど、色もかなり濁りが強くなってて、油がお湯の表面に虹色にキラキラ(水たまりにガソリン…みたいなのを想像してくださいw)

遠方の方は難しいかもしれませんが、この連休お時間つくれる方でアトピーなどに悩んでいて機会があれば一度豊富温泉行ってみたいな~と思ってるあなた!
お申込もまだまだ間に合いますのでぜひアトピーフォーラムin豊富2010にご参加下さいませ( ^ω^ )




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の夜長はかわしま文庫~聖☆おにいさん

先月から稚内でオープンしてるBookoffに先日やっと行ってきまして持ち帰りましたのがこちら

「聖☆おにいさん」

です。

おもしろいおもしろいとは聞いてたんですけど、噂に違わぬおもしろさ!( ^ω^)おっおっ
こちらもかわしま文庫に近日入荷予定ですのでお楽しみに~

ちなみにイエスの言動が時々オットとかぶるような気がしております。ア~メン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の夜長はかわしま文庫~坂の上の雲

司馬遼太郎の坂の上の雲です。
去年豊富でロケしたあのドラマの原作で、読んだことなかったんで読もう読もうと思ってるうち1年近くたってしまいました(´-`).。oO(・・・・・・・・・)

っていうか司馬遼太郎作品自体読んだことのなかった私。

全8巻読み終えた感想ですが…

「なげえよ(#・∀・)」

正岡子規が生きてるうちはまだ良かったんだけど、日露戦争はじまってからはもう…「これ小説?」みたいな・笑
  「余談であるが」
  「…については先に述べたが」
  「…について私が調べているとき」
  「話を戻す」

みたいなのが後半は出まくりで、とにかくこのおっちゃんは歴史好きで日露戦争について事実を詳しく伝えたかったの、ね。
物語じゃなくて史実として…。
まぁおかげさまで日露戦争には詳しくなれたかも。
そんな一冊でした。
(どんな感想じゃΣ(・ω・ノ)ノ!)

そんな坂の上の雲も全巻そろってる川島旅館のかわしま文庫。
湯治などでご利用の際にはぜひどうぞ




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再会

きのうまえでは半袖1枚で過ごしてたのに、今日は突然の秋の訪れでした。

そんな今日、もう一組の訪問者があって…

朝「お客さんだよ」って呼ばれて玄関に出てみたら!

なんと∑(=゚ω゚=;)

高専時代の同級生が!!!

5年前くらいに別の友だちの結婚式で顔をあわせて以来くらいの彼女は
その時ですでにひとりめのBABYがいるとは言ってたけど
笑えるくらいそっくりなちびちゃん3人と、やさしそうなご主人と一緒に来てくれたのでした!
いや~特に長男はほんとそっくりで( ´艸`)プププ
たぶんDNA濃いのね
顔もみんな似てるんだけど、ほがらかで活発な感じがすごくそっくりでした

女将は豊富に来てまる2年とちょっとなんですが、札幌時代のお友達とかお世話になった人たちが、ほんとこんなに遠いのにけっこう寄ってくださるので、ほんとにほんとにいつも嬉しく思っております。(=´Д`=)ゞ

ありがとうみなさん

そんな嬉しい今日でしたが、お昼にはこんな集まりにちょっと顔だし。

100918

新しい魅力発掘!


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向日葵 ~星守る犬~

Dscf0046

私の涙腺ボタンは

動物系

です。

小さい頃からペットが常にいる生活をしてきているので、動物と人の心の交流とか、あげく死んじゃってお別れ・・・とかなったらもう完全OUTです

そんな私なので今年泣ける本No1と言われている

「星守る犬」

当然読みましたよ~(立ち読み…)

そして当然涙ですよ(本屋で…)


そんな「星守る犬」が映画化されるそうで。
しかもそのロケは名寄市のサンピラーパークでスタートしたそうで。

サンピラーパークは女将がランドスケープアーキテクト人生かけて取組んだ公園です。

なんだか感動ですなぁ。

以下ニュースより。

 俳優西田敏行(62)が、人気コミックを原作にした映画「星守る犬」(滝本智行監督、来夏公開)に主演することが決まりこのほど、北海道名寄市でクランクインした。原作は泣ける本NO・1に選ばれた作品で、失業、離婚した中年男性「おとうさん」と秋田犬ハッピーの旅を描いた。撮影は、同市のサンピラーパークにあるひまわり畑で始まり、40万本のひまわりを前に、西田は「おれのために書かれたような台本」と、役に入り込んだ。

 物語は、身元不明の男性が、山中にあった車中で見つかるところから始まる。そばには男性より半年後に死んだ秋田犬がいた。西田は、東京から北上し、1000キロ以上旅を続けた1人と1匹に共感した。

 「人生に対するあきらめの気持ちに至った男に、最後まで無償の愛を注いでくれた犬がいた…という、何とも言えない寂しさと悲しさといとおしさ。泣いちゃいました。そっと人知れず消えたい、という気持ちも分かります」。

 また、西田も八兵衛という犬を飼っており、7~8年前に死んだ時には喪失感が襲った。今も携帯電話に写真を入れ、骨はまだ埋めることができない。さらに、心臓を悪くしていく主人公と、心筋梗塞(こうそく)を経験した自分も重なる。「あれ? おれのために書かれた台本かな」と話すほどになった。

 最近はコメディーの印象が強いが「一般的なお父さん像を作ろうと思います。没個性で。至難ですが、やりがいがあります」と話した。西田+犬+死なら、号泣間違いなし、と、最初から期待感が高くなることに対しても「泣いてもらいたい」と自信を見せた。

 撮影は今月末まで北海道で行われ、その後、物語とは逆に南下するように、青森、岩手、宮城、福島、東京で行われる。来年2月に完成予定。ほか玉山鉄二、川島海荷、余貴美子、岸本加世子、藤竜也、三浦友和が出演。

 [2010年8月23日8時6分 紙面から]




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧